加齢に伴う生え際の後退

加齢に伴い、生え際などが少しずつ後退している方もいるでしょう。

また、剃りこみがはいったような形でM字はげになっている方もいるかもしれません。

抜け毛が増加してしまうと、髪の毛のボリュームが失われていき、薄毛になりやすくなる傾向があります。

また、生え際に赤いブツブツができている方もいるでしょう。

頭皮環境があまりよくない状態、衛生状態が悪かったり、生活習慣や食生活の乱れなども、原因になると考えられています。

また、生え際などは痒みなどが出た場合には、自分の手でひっかいたりすることもあります。

そのときに傷や雑菌などが付着して地肌が荒れてしまった可能性もあるでしょう。

赤いブツブツができている状態だと、地肌が荒れているという状態のため、抜け毛などにつながり、そこから薄毛につながることも考えられます。

そのため、M字はげなどを予防するためにも、頭皮環境を改善していくことが重要です。
(参考にしたM字はげ育毛剤サイト)

生活習慣や食生活では、規則正しい生活習慣を身に着けること、適度な運動をしていくことで、ホルモンバランスの安定、また血流の改善や代謝機能の向上を心がけていきましょう。

食事もきちんと栄養が補えるようにバランスのよい食事を心がけることで、頭皮に対して栄養不足などがおきないようにすることも大切です。

また、頭皮の汚れや汗、余分な皮脂などを落とすために、洗髪も重要なポイントといえるでしょう。

頭皮が清潔な状態であれば、肌荒れなどもおきにくく、抜け毛増加も防ぐことになるでしょう。

ですが、洗髪時に使うシャンプーやリンスなどにちょっと焦点をあててみましょう。

シャンプーやリンスは、洗髪時に、汚れを落としたり、髪の毛を保護するためには必要なものです。

ですが、刺激が強すぎてしまい、地肌を荒れさせる原因になることもあります。

自分の肌質にあわないシャンプーやリンスを使うと、肌があれてしまい、赤いブツブツなどができることもあります。

そのため、自分の地肌にあったシャンプーやリンスを選び、低刺激で頭皮に負担がかからないものを選び、使うことも対策の一つになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *